タロット占いのやりかたを超わかりやすく解説!

タロット占いって、自分でできるわけないって思っていませんか?
覚えることもたくさんありそうだし、ルールもよくわからなかったりで
自分でやる占いではない。
そう思いがちなんですが、意外と簡単な方法もあるんですよ。
素人でもできる、一番簡単なタロット占いのやり方を2つ紹介します。

超簡単なこのタロット占いの方法は、カードを2枚使って占うだけです。
このタロット占いは、シンプル・クロス・スプレットという方法で、
2枚のカードを引いて現在の状況と問題を導き出してくれます。
とはいえ、すべてのカード78枚を用意します。
まずはじめに、78枚のカードをテーブルに置いたら
両手で時計回りにぐるぐると回しながら
シャッフルしていきます。
シャッフルする回数は自分がおもったところで大丈夫です。

シャッフルを終えたら次にすべてのカードをまとめて
カードを切ります。
トランプと同じようにきれば大丈夫。
カードを切る場合にも、自分がおもう分だけ行って下さい。

カードを切り終えたら、テーブルにおいて
左手で3つに分けてテーブルに並べ置きます。
3つに分けたら今度は、左手で並べた順と反対側から一つにまとめます。

カードを1枚抜き出します。
この最初のカードが示していることは、自分の今の状況です。
次にもう1枚のカードを引きます。
この2枚目のカードは、現状を邪魔しているものを示すカードになります。
現在の状況と、邪魔をしているものが分かるタロット占いです。
カードから判断をして解決の糸口を探してみて下さい。

次にご紹介したいのが、スリーカードというタロット占いの方法です。
先ほどと同じように、カードをシャッフルしたり切ったり、分けて1つにまとめたら
上から順に3枚のカードを取り出します。
1枚ずつを引いたら左から順に並べていきます。
左から順に過去・現在・未来
の状況が分かる占いです。
過去のカードは、悩みの原因を探るヒントになります。
現在のカードは、現在の現状を示したり、今やるべきことを示しています。
また、未来のカードは、悩みの解決策や未来の状況を示します。

さまざまにあるタロット占いですが、実はルールはありません。
絶対これでなければ。
というルールはなく、プロとしてタロット占いをしている方々の多くは
独自の見解や解釈によって占いをしているんです。
今回のように、素人でも割と簡単にできるタロット占いでも
十分に悩みの解決策になるヒントが得られると思うので
是非、気軽に行ってみて下さい。

最後に、タロット占いをする際にお部屋の浄化する方法をご紹介します。
タロット占いを行う場所の浄化の仕方は2つあります。
占いをする部屋でお香かホワイトセージ、線香でも良いので
火をつけて煙を出します。
煙を出したら、窓を開けて煙を外に出せば、浄化の終了です。
ただ、煙を外に出したくない場合には、音を出すといいでしょう。
手をたたく、鈴を鳴らすなど音を出すことで煙を外に出さなくても
占いの場の浄化ができます。
そして、タロットで占う際にも、質問をはっきりさせるということが大事です。
心の中で問題となっていることへの質問をはっきりさせることで
タロットもしっかり導いてくれるからです。
タロット占いにおいても、問題や質問をはっきりさせるということで
自分を見つめなおしたり、どう解決へ持って行くべきか
自分に問うこともできます。
占いというのは、占いの答えに頼るだけではなく、質問をはっきりさせることで
自分とも向き合うのにとても役立つんですよ。