依存症からの脱出!人生を転落させる依存症から抜け出す方法

最近では、様々な依存症がありますが、依存症から抜け出すことにより楽しい人生を送ることが出来ると言われています。今回は、依存症の治し方について紹介しますので参考にしてみてください。
依存症とは、日常の生活に支障をきたしているにもかかわらず、お酒、薬物の使用、ギャンブル、買い物などにのめり込んでしまいそれをやめる事が出来ず、自分の力だけではもうどうにもならない状態の事を言います。
何より大事なことは、近くに依存させるものをはじめからおかないことが大事になってきます。近くに依存するものがある場合には、誘惑に負けてしまいます。最近はあまり気にならなくなったのにという考え方としては、目の前に手の届く場所にあるとちょっとだけという気持ちになってしまいます。お酒をついつい飲んでしまうという人も多く、1本くらいという考え方で飲み始めると1本が2本になりドンドン増えていく傾向にあります。
少しずつ減らしていくように考える必要があります。依存症や中毒を断ち切りたいと考えている場合には、一気に変えようとすると余計にやめる事が出来なくなってしまいますし、今までの習慣をすぐにかえることにより、ソワソワしたり、イライラするなど日常の生活の中で支障をきたしてしまう可能性が高いと言えます。依存症や中毒かた抜け出すためには、1つでも1mgでも、1分でもという考え方を持つことが大切になってきます。
無意識でテレビを見ないようにしましょう。実際に依存症にさせられている原因としてテレビが挙げられています。テレビを見ることにより、沢山の情報が手に入りますが、その中に依存症にさせてしまうものもあります。お酒で考えると実際にCMなどを目にすることにより、美味しそうだと感じると今日は一杯と感じて、お酒の事を考えてしまいます。パチンコにしても同じです。グルメ番組などもダイエットをしている人にとっては目にしたくない情報となっているのです。
まわりの人間関係をかえる事も大切になります。依存症とまわりの影響は大きく関係していて、家族、仕事の仲間、友達など近くにいるだけで色々なことを取りこんで行きます。悪い人と一緒に居れば、考え方も悪くなってしまいますし、タバコをやめようと思っているのに、周りに煙草を吸う仲間がいるとやめる事が出来なくなってしまいます。
また、自分が依存症になっている時には、言い訳をしているという事に気が付かずにいる事が多いのですが、調子が悪いとかという理由で酒やたばこにれを出す人もいます。それは逃げ道にしかならないのです。
実際に依存症の人は、今の満足感よりも10年後のことを考えてみるようにしましょう。自分の10年後を考えることにより、やっぱり健康で過ごしていたいと考えるだけでもタバコの本数を減らすことが出来るようになります。
また、依存症になってすべての感情を満たすことが大事になってきます。孤独を好きになることにより人に左右されることなく、必要以上に人に頼らない自分になることにより、不安なども逆になくなってきます。
時間の使い方ですが、依存症を治していく為には、すべて最初からというわけではなく、依存していない時の時間を作る事が大事になってきます。逆に依存している時間を別のことに使うことにより、その時間は依存していない時間になり、依存から抜け出すことが出来るようになるのです。
実際に依存から抜け出す事は難しいと言われていますが、何よりも自分の体の事を一番に考える必要があります。お酒などを飲む場合には、それなりに汗をかくことも取り入れて運動などをするなどすることにより、体を守っていく事が出来ます。
依存症の人に一番おすすめできるのは、音楽を聴く時間を作る事です。音楽を聴くことにより、心を落ち着かせることが出来ますし、自分の中でリラックスすることにより、依存症を抜け出す際にもイライラ感を軽減する事も出来ます。